グローバル社会で生きていく人材教育

グローバル社会において、英語の重要性がますます高まってます。

幼児のころからの英語教育をする方法

グローバル社会で生きていく人材教育 グローバル社会において、英語の重要性がますます高まってます。小学校での英語教育が浸透してきたということもあって、幼少期のうちから子供に英語を学ばせたいと考えているママやパパも多いらっしゃいますね。子供にいつから英語を学ばせるかに関しては、明確な答えはなく、幼児期は脳が急激に成長するので、出来るだけ早めに始めた方がいいという意見もあれば、早くから始めると、日本語がおぼつかなくなってしまうという意見もあります。そこで、英語教育を始める時期を決める前に、まず子供がどれくらい英語を使えるようになって欲しいかを考えることが大切です。

ネイティブ並の英会話力を備えさせたいなら早く始めるに越したことはないですが、一般的な日常会話が出来るくらいの英語で良ければ、急いで始める必要はないです。幼児期は年齢に合わせて少しずつ英語に慣れさせ、小学校に入ってから本格的に始めるのも一つの方法となってます。英語耳になるために、0〜1歳くらいは脳の成長がめざましく、聞いた英語を素早く吸収していきます。常日頃から英語が飛び交う環境にいれば、ネイティブ並みの英語力を身につけられる可能性もありますが、母国語である日本語もしっかり話せない時期なので、英語にばかり触れていると、日本語の発達が遅れてしまうと指摘する人もいらっしゃいます。この時期から英語教育を始めるなら、英語のCDやDVD、おもちゃなどを通じて英語の歌を流したり、動画配信サイトで海外のチャンネルをつけたりすることも大切です。赤ちゃんは音を聞き分ける能力に長けており、早いうちから英語に触れておくと、日本語にはないLとRの音を聞き分けることが出来るようになるなど、様々な効果が期待出来ます。日本語の発達に影響を与えない範囲で、1日30分?2時間くらい英語に触れる時間を設けてみることです。パパやママが英語の絵本を読み聞かせてあげるのもお勧めです。
Copyright (C)2018グローバル社会で生きていく人材教育.All rights reserved.